体のためにも美容のためにも気をつけて!韓国人も避けて食べている体に悪い食べ物⑤つ

体のためにも美容のためにも気をつけて!韓国人も避けて食べている体に悪い食べ物⑤つ
Loadingお気に入り

韓国人も避けて食べている体に悪い食べ物⑤つ

https://www.instagram.com/p/B7TZZnIg06x/

女性も男性も美容意識が高い韓国!

そんな韓国人は健康に対しても意識が高いんです><

https://www.instagram.com/p/BsasSlPAWrw/

今回はそんな健康に対しての意識が高い国に住む韓国人から教わる”体に悪い食べ物⑤つ”をご紹介していきます♪

①人工甘味料

砂糖の代わりに使用する人工甘味料は、甘さを出す食品添加物で、砂糖の数百倍に達するそう・・・

清涼飲料やゼリー、アイスクリーム、味噌、醤油、菓子、ガム、氷菓などに使用されています!

人工甘味料を多量に摂取した場合、脳と骨格に異常反応をもたらすこともあり、痙攣、消化器や腎臓障害を起こすことも><

②着色剤

食べ物をより美味しく見せるために、色を出す物質である着色剤!!!

タール色素、亜硝酸ナトリウム、アト酸ナトリウムが代表的な着色剤として知られていて、

チーズやバター、アイスクリーム、クッキー、キャンディー、ソーセージ、プリン、ハム、魚肉製品などに多く使用されています><

大量に摂取するとがん誘発はもちろん、肝臓、血液、腎臓、脳障害を引き起こすことも!

このほかにも、貧血、呼吸機能の弱体化、発汗、意識不明などを起こすことも・・・

③酸化防止剤

酸素によって脂肪性食品や炭水化物食品の変質を防止する化学物質である酸化防止剤!!!

クラッカー、スープ、ショートニング、食用油、バター、塩魚、酒、ジュース、バター、チーズ、ソフトドリンク、果汁、ジャム、キャンディー、アイスクリームなどの様々な食品に使用されています!

長期間に及び大量服用すれば、人体への影響には、がん誘発およびコレステロール傷等、染色体異常などの危険性も!

美容カテゴリの最新記事